ふるさと郡上会

カテゴリ別

月別

あなたの田舎暮らしをサポートします 知る・通う・住む

  • 体験
  • 交流
  • 通う
  • 短期滞在
  • 移住・定住

人と出会い、新しい暮らしがはじまる。

TOP > 体験・交流イベント情報 > 暮らし

体験・交流イベント情報

暮らし

交流
体験

2017年06月24日

(6/24-25)郷土料理・朴葉寿司をつくろう!「栃尾里人塾2017」第2回

IMG_5059-thumb-360x240-911.jpg

 

岐阜県郡上市明宝。
清流吉田川に沿って続く、山に囲まれた二間手という集落では 、各家が山水を引きこみ、小さな田畑を自給用に耕しながら暮 らしています。栃尾と呼ばれる場所に建つ古民家・源右衛門を 拠点に「森」、「農」そして「自然エネルギー」をテーマにし た住民手づくりの週末クラブ活動。

「栃尾里人塾」の合い言葉は・・・

参加者も、住人も、みんな栃尾の里人。
みんなで考え、やってみる。
なにより、楽しく。

栃尾里人塾2017」、第2回目は岐阜の郷土料理「朴葉寿司づくり」に挑戦。
家庭ごとに具も味付けも千差万別。今年とれたての朴葉で、オリジナルの朴葉寿司を味わいましょう!
第1回目から参加されている方はもちろん、今回から参加したい!という方も大歓迎。
いつでもだれでも、すぐに里人になれるのが「栃尾里人塾」です。みなさんの参加、お待ちしています。
 
※これまでの楽しい模様は、ムスブログ「栃尾里人塾」で紹介 しています(ムスブログへ
※「栃尾里人塾2017」については、こちら をご覧ください( 概要紹介へ

お申し込みは こちらのフォーム から
 

 第2回目内容

・【農】「朴葉ずしづくり」
・【森】山いきさの小屋づくり
・【自然エネルギー】かまどご飯


そして夜は・・・ 大人気の
交流会「あとふき」

【日 程】 2017年6月24日(土)、 25日(日)<2日間>
【時間】

24日(土)13 :00~1700
<希望制>19:00~ 交流会
「あとふき」
25日(日)9001200

【会場】 古民家「源右衛門(げんねもん)」 と栃尾集落
【集合】 6/24(土)12:30受付開始
郡上市明宝振興事務所 駐車場(郡上市明宝二間 手606-1)> >
【定員】 20名程度
【参加費】

おひとり 3,800円
(参加材料費、源右衛門使用料、保険料、事務手数料などを含む)
○親と同伴のこども(15歳以下):ひとり1,000円
※交流会「あとふき」 参加費700円(会場費、小学生以上)
/飲み物、食べ物は別途、各自持ち込み制。
※1日のみの参加も可能です。参加費は同額です。

【主催】 ふるさと栃尾里山倶楽部
【宿泊】 地元明宝で美味しい食事がとれる民宿をご紹 介できます。
>>明宝観光協会
(※希望者は、「源右衛門」の宿泊利用が可能で す。雑魚寝の合宿形式になります)

 クラブ活動なので、どうぞ気軽にお越しください。

「栃尾里人塾2017」の開催スケジュールは、こちら をご覧ください。
http://www.furusato-gujo.jp/info/tocyo2017.html


■「栃尾里人塾2017」第2回目スケジュール(予定)


1日目   6/24(土)

12:30

受付開始
※初めての方は、名札や自己紹介シートの作成が ありますので、お早めにお越しください。

13:00

○あいさつ/自己紹介
 

  スケジュールは天候ならびに参加者との相談で変わることがあります。

・【農】朴葉ずしづくり
岐阜の郷土料理、朴葉寿司(ずし)にチャレンジ。お米は昨年栃尾でつくった、無農薬栽培米です。

・【森】山いきさの小屋づくり
前回に引き続き、小屋づくりのための伐倒と皮むき。地元大工さんの指導の下、加工の準備に入ります。

【自然エネルギー】かまどご飯
朴葉寿司のご飯を、かまどで炊いてみる。上手く炊けるかな?
17:00 終了 。解散

交流会「あとふき」に参加する方は、各自夕食と入浴を済ませて再集合。
※車で15分のところに、「明宝温泉 湯星館」があります。
19:00 交流 会「あとふき」 
 実は「栃尾里人塾」のメインイベントはこ れ?大人気の交流会。地元メンバーが一堂に会し、里のこと、 暮らしのこと、郡上のこと、お酒や美味しいものの話などなど 、田舎恒例の「楽しい宴」が開かれます。「あとふき」を楽しみに来る里人塾に参加する里人も多数あり。

※交流会の参加費(会場費)として
700円を集めます。(小学生以上。地元参加者も同額です)
※飲み物、食べ物は各自持ち込み制です。(近所にお店や販売機はありません。事前にご用意してご参加ください)
※差し入れ、振る舞い、大歓迎です!

21:00 中締め


2日目 6/25(日)

  ※朝食は各自済ませてからの集合となり ます。
※源右衛門を宿泊利用した方は共同で掃除をお願 いします。
9:00 ※1日目続き、他
11:30 ふりかえり
記念撮影/解散

※スケジュールは天候、参加する皆さんとの相談で変わることがあります。
 


■宿泊
 1)明宝自然の恵みを堪能できる素敵な民宿をご紹介で きます。(1泊2食付き7000円から)
>詳しくは、明宝観光協会でもご案内しています。(問: 0575-87-2844/HPはこちら

2)「栃尾里人塾」の参加者は、古民家「源右衛門」の宿泊利用が可能です。
・ 男女別室で、合宿形式での利用になります。
・尚、宿泊に必要な道具はありませんので、寝袋等、ご自身で ご用意ください。
・風呂、水洗トイレあり
・利用されたみなさんで
清掃をお願いしています。また、各自のゴミはお持ち帰りください。

3)テント泊について
小さなテントを貼れるスペースは源右衛門周辺にありますが、 次の点には十分にご注意ください。
・テント用の土地ではないので、下は平らではありません。
・雨が降ると水がたまるところがあります。
・静かな集落の中なので、会話などの音、ライトなどの光は迷惑がかからないよう、ご注意ください。
・個々での焚火やバーベキュー、外での煮炊きなどはできませ ん。
・集落にはシカ、イノシシが闊歩しています。自然豊かなので ヤマビルや蚊、ブヨ、ハチなどももちろんいます。また最近は クマの目撃情報もあります。
・いずれにしましても、安全管理はご自身で行ってください。

■やっぱり温泉
近所にはもちろん温泉もあります!「明宝温泉 湯星館」>>
のんびりつかって、日頃の疲れをとりましょう!

■食事について
・1日目の夕食、2日目の朝食などは各自でお取りください(参加費には含まれていません)
※近くには道の駅など、飲食ができる場 所があります。明宝温泉でも食事がとれます。
※2日目の朝は「道の駅めいほう」でモーニングや食事がとれます。


<自炊希望の 方へ>
源右衛門の台所をご利用できます。
【設備】水道/ガスコンロ/炊飯器がご利用になれます。食材 、調理器具、洗剤等は各自お持ちください。利用にあたっては、参加者同士話し合いの上、気持ちよくお使 いください。



■交流会について(1日目 夜)
交流会「あとふき」は、持ち込み制です。会場の使用料として1名様700円を集めます。
飲みたい、食べたい、振る舞いたい、自慢したいものを、各自お持ちください。
(近所に開催時間に開いている商店、販売機はありませんので、飲み物・食べ物は、事前に各自でご用意ください)

■交通機関
自家用車での現地集合を想定していますが、公共交通機関でお 越しの方は御連絡の上ご相談ください。

<参考>
(1)長良川鉄道片道1,350円) (>>) 
美濃太田駅 09:56発 →  郡上八幡駅 11:21着

(2)名古屋から濃飛バスで(高山行き/片道1,850円)(>>
名鉄バスセンター 10:30発  → 郡上八幡インター  11:56

(3)岐阜市から岐阜バスで(高速八幡線/片道1,520円)(>>) 
JR岐阜 10:25 → 郡上八幡城下町プラザ 11:36

(4)大阪方面から近鉄バスで (>>)( 郡上八幡・飛騨高山行/片道3,300円)
近鉄なんば駅 7:10発 →  京都駅 8:20→ 郡上八幡インター 11:33

※郡上八幡の町中から明宝までは、車で約25分

(5)路線バスで郡上八幡から明宝へ
○ 八幡バス「明宝線(片道520円)」(>>
郡上八幡城下町プラザ 12:39 → 13:01 明宝庁舎前
※このバスでは集合時間に間に合いませんのでご注意ください 。



■持ち物

<必須>
□汚れてもいい服装/汚れてもいい靴
軍手
長靴 (山作業、農作業に)
長袖・長 ズボン(作業でケガしないように)
□着替え
タオル
帽子
□水筒(自分用の小さいもの。ペットボトルでも可)
□雨具(両手が自由になるレインコートなど)
□筆記用具(ペン、ノート)
→名 前を書いて自分で管理!
□服用薬/虫よけ/日焼け止めなど自分が必要な もの

<源右衛門で宿泊の人>
□寝袋/布団など
□寝巻
□洗面用具
□テント(ゆったり寝たい人/夜は 寒いのでしっかりした装備で)

<あると便利なもの>

□小さいリュック(雨具などを入れる)
□デジタルカメラ
□懐中電灯
□シート(森の中で座る時おしりに敷く)

<持ち寄り歓迎!里人必須アイテム>
□鎌(カマ:草刈り用)
□山行きセット(ナタ、手のこぎり)

<交流会「あとふき」>
□飲みたいもの、食べたいもの、自慢したいもの
→ 持ち込み歓迎!

 

■注意事項
下記注意事項をご確認ください。参加される方は下記注意事項に同意されたものとします。

(1)自己責任
健康管理、安全管理は基本的に自己責任となります。ま たお子さんの指導および安全管理は保護者の責任となります。 なお、イベント中のケガや事故に対しては、国内旅行傷害保険 に加入し、主催者側の責任は保険適用範囲内となります。

(2)里に伺うマナーについて
活動場所は静かな集落の中にあります。大声や他人の敷 地へ無断で入るなど、マナーにはご注意ください。また活動拠点である源右衛門は人が生活をする一般の住宅です。こちらも普段よその家に訪問するようなマナーにて、ご利用ください。

(3)器物損傷
源右衛門や栃尾集落の機材は個人の持ち物です。取り扱いや安全管理について地元メンバーが十分に指導をいたしますが、 故意または過失による器物損傷が起きた場合は当事者に賠償をしていただきますのでご了承ください。特に源右衛門には新エ ネルギーの実証実験が行われており、高価な機材が多数ありますので、破損やお子様のいたずらなどには十分にご注意くださ い。

(4)清掃・ゴミの持ち帰り
「後から来る者のために」...栃尾里人塾では使 ったものは自分で片づけ、清掃が基本です。会場となる源右衛門も、清掃や片づけは使用されるみなさんにお願いしています。また各自のゴミは各自でお持ち帰りください。


栃尾のシンボル「古民家  源右衛門」について

 

DSC_0459.JPGのサムネール画像

築100余年。活動の中心となる源右衛門は大きな梁や見事な栃の 床など、集落のシンボルともいえる立派な古民家です。ふるさと栃尾里山倶楽部では、長年空き家になっていたこの家を自分 たちで清掃し、囲炉裏を復活し、新しい息吹を吹き込みました 。

主催者「ふるさと栃尾里山倶楽部」について
地域を愛し、大好きな里が未来に続いてほしい、と16世帯の小さな集落の住民が平成21年に結成。空き家となっていた源右衛 門の清掃や改築などで復活させ、活動拠点としました。平成22 年5月、都市住民との交流で楽しい里づくりを行おうと「栃尾里 人塾」をスタートしています。平成25年度「あしたのまち・くらしづくり活動賞」主催者賞受賞。
 

 



【お申込・お問合せ】
開催日3日前、6月21日(水)までに、ふるさと郡上会 事務局  こちらのフォーム から

(電話、FAX、e-mailでのお問い合わせも可)

■受付時に:
(1)お名前 (2)e-mail (3)郵便番号 (4)住所 (5)電話番号 (6)生年月日(保険登録に必要) (7)性別  (8)このイベントを何を見て知ったか (9)参加にあたって期待していること(知りたいこと/やってみたいこと)(10)参加日程(1日目 交流会 2日目のうち参加するもの) (11)宿泊の有無(源右衛門or民宿) (12)交通手段(自家用車/公共機関) (13) 参加されるご家族全員のお名前、生年月日

をお伺いしますのでご了承ください。
これまで参加されているリピーターの方も、今年初めての参加の方は、初回のみ基本情報のご登録をお願いします。

皆様の参加をお待ちしています!

お申し込みは  こちらのフォーム から

交流
体験

2017年06月03日

いとしろアウトドアフェスティバル2017 【6/3土-4日】

 

いとしろアウトドアフェスティバル2017.jpgのサムネール画像

 

集落まるごとアウトドア

郡上市白鳥町、山に抱かれた大自然の中の集落“石徹白”

石徹白の自然をまるごと活かした多彩なプログラムで開催される二日間

 

アウトドアといってもアクティブだけじゃない!

ゆったりのんびりできるプログラムもあり

お子さまも参加できるワークショップもあり

飲食・物販ブースもあり

一夜限りのアウトドアバーも☆

誰でも誰とでも、思い思いの週末を・・・

 

プログラムなど、詳細は→こちら←でご確認ください

 

開催日時:2017年6月3日 9:00-21:00

        6月4日 9:00-16:00

開催場所:旧いとしろシャーロットタウンスキー場駐車場(駐車料金500円/台)

岐阜県郡上白鳥町石徹白82-1-2

主催:いとしろアウトドアフェスティバル実行委員会

電話:080-9466-7759(事務局:近藤)

 

※プログラムやワークショップには事前のご予約がお勧め!※

 

 

 

交流
体験

2017年05月28日

5/28(日) 田んぼアート&田植え体験会  【大和】

 taue.jpgのサムネール画像

taue2.jpg郡上市大和町栗巣の「ネオナチュラル母袋有機農場」にて

今年で6回目となる田んぼアート&田植え体験会が開催されます。

毎年100名もの参加者が集まり、地元の農業生産者さんに習いながら

手植えや機械で苗を植え、毎年変わる田んぼアートに挑戦します。

 

お昼には地元食材を使った手作り弁当や川魚などがふるまわれ

近くの川原を散策したり地元の方たちとの交流も。

自然がふんだんに残っている母袋地区で、土に触れ体を動かし

身も心も気持ちの良い一日をすごしませんか?

 

☆ふるさと郡上会も「どこでも移住相談窓口」を設置します!!

【移住相談・問い合わせ】ふるさと郡上会

☎ 0575-66-2750    e-mail : gujo@furusato-gujo.jp

 

□日時:5月28日(日)

    集合 9:30 解散 15:00

□場所:ネオナチュラル母袋有機農場

    岐阜県郡上市大和町栗巣1079

□参加費:2000円/1人(中学生以下無料)

□特典:後日収穫したお米約2合プレゼント

□申込方法:インターネット・メール・電話

□締め切り:5月24日(水)

詳しくはこちらをご覧ください。

体験

2017年05月21日

5/21石徹白 白山中居神社春季例大祭~郡上暮らし巡り

 

IMG_2328.JPG

石徹白 白山中居神社の春の例大祭

 

毎年、5月の第3日曜日に開催されます。

このころ石徹白では農作業が始まり、郡上の中でも一番遅い春が盛りを迎えます。

春のお祭りは、地元の小学生による「五段の神楽」という巫女舞の奉納と、神輿を担いで橋を渡り、参道を駆け上る、見ごたえのあるお祭りです。

 

この日は、「どこでも移住相談~郡上暮らし巡り」としてお邪魔します。

休日の移住相談につきましては、予約優先とさせていただきます。ご相談をご希望の方は、事前のご連絡をお願いいたします。

 

【お問合せ】ふるさと郡上会

☎ 0575-66-2750   e-mail:gujo@furusato-gujo.jp

 

どこでも移住相談会~郡上暮らし巡り

 

【日時】平成29年5月21日(日) 10:00 ~ 16:00

 

【場所】石徹白白山中居神社 周辺

当日の連絡先は、

☎ 090-9859-2750 (休日・着信専用) まで、お願いいたします。

 

 

交流

2017年05月13日

5/13 「郡上暮らしめぐり」~いとしろカレッジ公開講座~

いとしろカレッジ公開講座.jpg

 今回は石徹白で行われる連続講座「第2期いとしろカレッジ」の公開講座

「ローカル・イズ・ビューティフルin石徹白」

 

講座や石徹白にご興味のある方、ぜひ一緒に参加しませんか?

 

またこの日は「休日相談窓口」として講座時間外の10:00-17:00まで

移住相談も受け付けております。

 

ご希望の方はふるさと郡上会事務局☎0575-66-2750

もしくはmail gujo@furusato-gujo.jp までご連絡ください。

当日の連絡先は☎090-9859-2750(休日・着信専用)までどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

交流
体験

2017年05月13日

(5/13-14)里の田植えスタート!「栃尾里人塾2017」第1回

 

IMG_8483.JPG

岐阜県郡上市明宝。
清流吉田川に沿って続く、山に囲まれた二間手という集落では 、各家が山水を引きこみ、小さな田畑を自給用に耕しながら暮 らしています。栃尾と呼ばれる場所に建つ古民家・源右衛門を 拠点に「森」、「農」そして「自然エネルギー」をテーマにし た住民手づくりの週末クラブ活動がスタート。

「栃尾里人塾」の合い言葉は・・・

参加者も、住人も、みんな栃尾の里人。
みんなで考え、やってみる。
なにより、楽しく。

いよいよ「栃尾里人塾2017」スタートです。
 
住民も参加者もみんな栃尾の里人。さまざまなことを一緒に考え、やってみましょう!
みなさんの参加を里人一同、お待ちしています!

※これまでの楽しい模様は、ムスブログ「栃尾里人塾」で紹介 しています(ムスブログへ
※「栃尾里人塾2017」については、こちら をご覧ください( 概要紹介へ

お申し込みは こちらのフォーム から
 

 第1回目内容

・【農】 田植え
・【森】 森の手入れ

そして夜は・・・ 大人気の
交流会「あとふき」

【日 程】 2017年5月13日(土)、 14日(日)<2日間>
【時間】

13日(土) 13 :00~1700
<希望制>19:00~ 交流会
「あとふき」
14日(日) 9001200

【会場】 古民家「源右衛門(げんねもん)」 と栃尾集落
【集合】 5/13(土)12:30受付開始
郡上市明宝振興事務所 駐車場(郡上市明宝二間 手606-1)> >
【定員】 20名程度
【参加費】

おひとり 3,800円
(参加材料費、源右衛門使用料、保険料、事務手数料などを含む)
○親と同伴のこども(15歳以下):ひとり1,000円
※交流会「あとふき」 参加費700円(会場費、小学生以上)
/飲み物、食べ物は別途、各自持ち込み制。
※1日のみの参加も可能です。参加費は同額です。

【主催】 ふるさと栃尾里山倶楽部
【宿泊】 地元明宝で美味しい食事がとれる民宿をご紹 介できます。
>>明宝観光協会
(※希望者は、「源右衛門」の宿泊利用が可能で す。雑魚寝の合宿形式になります)

 クラブ活動なので、どうぞ気軽にお越しください。

「栃尾里人塾2017」は毎月1回・土日開催。詳しくはこちら をご覧ください。
http://www.furusato-gujo.jp/info/tocyo2017.html


■「栃尾里人塾2017」第1回目スケジュール(予定)


1日目   5/13(土)

12:30

受付開始
※初めての方は、名札や自己紹介シートの作成が ありますので、お早めにお越しください。

13:00

○あいさつ/自己紹介
・2017年度のオリエンテーション
 

  スケジュールは天候ならびに参加者との相談で変わることがあります。

・【農】田植え
毎年手で行なう恒例の栃尾の田んぼづくりが、今年もスタート。
2日間かけて、田起こしやすじ引き、田植えを行います。

<田植え予定> 
○1日目: 田植え準備(
田起こし、すじ引き等)
○2日目: 田植え
※天候等により変更される可能性があります。

・【森】森の手入れ(通年)
栃尾の山では、植林によってス ギやヒノキばかりになった山を広葉樹の森にしようと、間伐や植林をしています。切った木をつかった冬の薪づくりも一年を通した仕事です。

17:00 終了 。解散

交流会「あとふき」に参加する方は、各自夕食と入浴を済ませて再集合。
※車で15分のところに、「明宝温泉 湯星館」があります。
19:00 交流会「あとふき」 
 実は「栃尾里人塾」のメインイベントはこ れ?大人気の交流会。地元メンバーが一堂に会し、里のこと、 暮らしのこと、郡上のこと、お酒や美味しいものの話などなど 、田舎恒例の「楽しい宴」が開かれます。「あとふき」を楽しみに来る里人塾に参加する里人も多数あり。

※交流会の参加費(会場費)として
700円を集めます。(小学生以上。地元参加者も同額です)
※飲みたい、食べたい、振る舞いたい、自慢した いものは、各自お持ちください。
(少しですが、ふるさと栃尾里山倶楽部からビー ルと明宝名物「鶏ちゃん」の差し入れ
ります
21:00 中締め


2日目 5/14(日)

  ※朝食は各自済ませてからの集合となり ます。
※源右衛門を宿泊利用した方は共同で掃除をお願 いします。
9:00 【農】「田植え」
※天候等により、1日目に変更される可能性もあります。
11:00

今年のスケジュールづくり
みんなで考え、やってみる、のが栃尾スタイル。
今年1年のスケジュールを、塾生全員で考えます。

12:00 記念撮影/解散

※スケジュールは天候、参加する皆さんとの相談で変わることがあります。
 


■宿泊
 1)明宝自然の恵みを堪能できる素敵な民宿をご紹介で きます。(1泊2食付き7000円から)
>詳しくは、明宝観光協会でもご案内しています。(問: 0575-87-2844/HPはこちら

2)「栃尾里人塾」の参加者は、古民家「源右衛門」の宿泊利用が可能です。
・ 男女別室で、合宿形式での利用になります。
・尚、宿泊に必要な道具はありませんので、寝袋等、ご自身で ご用意ください。
・風呂、水洗トイレあり
・利用されたみなさんで
清掃をお願いしています。また、各自のゴミはお持ち帰りください。

3)テント泊について
小さなテントを貼れるスペースは源右衛門周辺にありますが、 次の点には十分にご注意ください。
・テント用の土地ではないので、下は平らではありません。
・雨が降ると水がたまるところがあります。
・静かな集落の中なので、会話などの音、ライトなどの光は迷惑がかからないよう、ご注意ください。
・個々での焚火やバーベキュー、外での煮炊きなどはできませ ん。
・集落にはシカ、イノシシが闊歩しています。自然豊かなので ヤマビルや蚊、ブヨ、ハチなどももちろんいます。また最近は クマの目撃情報もあります。
・いずれにしましても、安全管理はご自身で行ってください。

■やっぱり温泉
近所にはもちろん温泉もあります!「明宝温泉 湯星館」>>
のんびりつかって、日頃の疲れをとりましょう!

■食事について
・1日目の夕食、2日目の朝食などは各自でお取りください(参加費には含まれていません)
※近くには道の駅など、飲食ができる場 所があります。明宝温泉でも食事がとれます。
※2日目の朝は「道の駅めいほう」でモーニングや食事がとれます。


<自炊希望の 方へ>
源右衛門の台所をご利用できます。
【設備】水道/ガスコンロ/炊飯器がご利用になれます。食材 、調理器具、洗剤等は各自お持ちください。利用にあたっては、参加者同士話し合いの上、気持ちよくお使 いください。



■交流会について(1日目 夜)
交流会「あとふき」は、持ち込み制です。会場の使用料として1名様700円を集めます。
飲みたい、食べたい、振る舞いたい、自慢したいものは、各自お持ちください。
(ふるさと栃尾里山倶楽部からビールと明宝名物「鶏ちゃん」の差し入れ
若干あります

■交通機関
自家用車での現地集合を想定していますが、公共交通機関でお 越しの方は御連絡の上ご相談ください。

<参考>
(1)長良川鉄道片道1,350円) (>>) 
美濃太田駅 09:56発 →  郡上八幡駅 11:21着

(2)名古屋から濃飛バスで(高山行き/片道1,850円)(>>
名鉄バスセンター 10:30発  → 郡上八幡インター  11:56

(3)岐阜市から岐阜バスで(高速八幡線/片道1,520円)(>>) 
JR岐阜 10:25 → 郡上八幡城下町プラザ 11:36

(4)大阪方面から近鉄バスで>>)( 郡上八幡・飛騨高山行/片道3,300円)
近鉄なんば駅 7:10発 →  京都駅 8:20→ 郡上八幡インター 11:33

※郡上八幡の町中から明宝までは、車で約25分

(5)路線バスで郡上八幡から明宝へ
○ 八幡バス「明宝線(片道520円)」(>>
郡上八幡城下町プラザ 12:39 → 13:01 明宝庁舎前
※このバスでは集合時間に間に合いませんのでご注意ください 。



■持ち物

<必須>
□汚れてもいい服装/汚れてもいい靴
軍手
長靴 (山作業、農作業に)
長袖・長 ズボン(作業でケガしないように)
□着替え
タオル
帽子
□水筒(自分用の小さいもの。ペットボトルでも可)
□雨具(両手が自由になるレインコートなど)
□筆記用具(ペン、ノート)
→名 前を書いて自分で管理!
□服用薬/虫よけ/日焼け止めなど自分が必要な もの

<田植えに>
□田靴がおすすめ
※裸足では足を怪我する可能性があります。かかとのある、泥だらけになってもいいサンダルなど。
※長靴は田んぼにハマって抜けなくなることがありますのでご注意を

<源右衛門で宿泊の人>
□寝袋/布団など
□寝巻
□洗面用具
□テント(ゆったり寝たい人/夜は 寒いのでしっかりした装備で)

<あると便利なもの>

□小さいリュック(雨具などを入れる)
□デジタルカメラ
□懐中電灯
□シート(森の中で座る時おしりに敷く)

<持ち寄り歓迎!里人必須アイテム>
□鎌(カマ:草刈り用)
□山行きセット(ナタ、手のこぎり)

<交流会「あとふき」>
□飲みたいもの、食べたいもの、自慢したいもの
→ 持ち込み歓迎!

 

■注意事項
下記注意事項をご確認ください。参加される方は下記注意事項に同意されたものとします。

(1)自己責任
健康管理、安全管理は基本的に自己責任となります。ま たお子さんの指導および安全管理は保護者の責任となります。 なお、イベント中のケガや事故に対しては、国内旅行傷害保険 に加入し、主催者側の責任は保険適用範囲内となります。

(2)里に伺うマナーについて
活動場所は静かな集落の中にあります。大声や他人の敷 地へ無断で入るなど、マナーにはご注意ください。また活動拠点である源右衛門は人が生活をする一般の住宅です。こちらも普段よその家に訪問するようなマナーにて、ご利用ください。

(3)器物損傷
源右衛門や栃尾集落の機材は個人の持ち物です。取り扱いや安全管理について地元メンバーが十分に指導をいたしますが、 故意または過失による器物損傷が起きた場合は当事者に賠償をしていただきますのでご了承ください。特に源右衛門には新エ ネルギーの実証実験が行われており、高価な機材が多数ありますので、破損やお子様のいたずらなどには十分にご注意くださ い。

(4)清掃・ゴミの持ち帰り
「後から来る者のために」...栃尾里人塾では使 ったものは自分で片づけ、清掃が基本です。会場となる源右衛門も、清掃や片づけは使用されるみなさんにお願いしています。また各自のゴミは各自でお持ち帰りください。


栃尾のシンボル「古民家  源右衛門」について

 

DSC_0459.JPGのサムネール画像

築100余年。活動の中心となる源右衛門は大きな梁や見事な栃の 床など、集落のシンボルともいえる立派な古民家です。ふるさと栃尾里山倶楽部では、長年空き家になっていたこの家を自分 たちで清掃し、囲炉裏を復活し、新しい息吹を吹き込みました 。

主催者「ふるさと栃尾里山倶楽部」について
地域を愛し、大好きな里が未来に続いてほしい、と16世帯の小さな集落の住民が平成21年に結成。空き家となっていた源右衛 門の清掃や改築などで復活させ、活動拠点としました。平成22 年5月、都市住民との交流で楽しい里づくりを行おうと「栃尾里 人塾」をスタートしています。平成25年度「あしたのまち・くらしづくり活動賞」主催者賞受賞。
 

 



【お申込・お問合せ】
開催日3日前、5月10日(水)までに、ふるさと郡上会 事務局 こちらのフォーム から
(電話、FAX、e-mailでのお問い合わせも可)

■受付時に:
(1)お名前 (2)e-mail (3)郵便番号 (4)住所 (5)電話番号 (6)生年月日(保険登録に必要) (7)性別  (8)このイベントを何を見て知ったか (9)参加にあたって期待していること(知りたいこと/やってみたいこと)(10)参加日程(1日目 交流会 2日目のうち参加するもの) (11)宿泊の有無(源右衛門or民宿) (12)交通手段(自家用車/公共機関) (13) 参加されるご家族全員のお名前、生年月日

をお伺いしますのでご了承ください。
これまで参加されているリピーターの方も、お手数ですが初回は基本情報のご登録をお願いします。

皆様の参加をお待ちしています!

お申し込みは こちらのフォーム から

交流
体験

2017年04月29日

4/29(土)郡上暮らし巡り~どこでも移住相談会ー六ノ里お花見編~

 IMG_9931.JPG

 

「郡上暮らし巡り」~白鳥町六ノ里・善勝寺さんで

「お花見移住相談会」です。

 

この時期毎年開催される、善勝寺「桜まつり」の前日になりますが、桜も桃も見ごろなのではないかと思います。

樹齢推定400年のエドヒガン桜の下でお茶をしながら、ゆっくり流れる里山の時間を一緒に楽しんでみませんか?

みなさんのお越しをお待ちしております。

 

【日時】平成29年4月29日 10:00~16:00

【場所】善勝寺 白鳥町六ノ里1264

【連絡先】 ふるさと郡上会 ☎ 0575-66-2750

     e-mail:gujo@furusato-gujo.jp

当日連絡先は、☎ 090-9859-2750 (休日・着信専用)です。

体験

2017年04月15日

4/15.16郡上八幡春祭り~ 移住相談員と行く、『郡上暮らし巡り』

 移住相談員 平井と行く『郡上暮らし巡り」

 

IMG_9256-2.jpg

郡上八幡 春祭り そぞろ歩き

 

 

4月15日(土)、16日(日)は、郡上八幡の春祭りです。

郡上八幡の桜は、満開を過ぎ、散る頃になるでしょうか。

毎年、日吉神社、岸劔神社、八幡神社の三社による太神楽の練り歩きと、各町内の子供みこしや有志による手作りみこしが練り歩き、春の芽吹きとともに市街が活気づきます。

祭り二日目、旧庁舎記念館前で行われる三社神楽共演の大迫力の演舞は見逃せません。

そしてこの八幡の春祭りから、郡上の春が一気に北上していきます。

その春の初めのお祭りに沸く市街地を、移住相談員と一緒にそぞろ歩いてみませんか?

 

 

移住相談員と一緒に、八幡春祭りの市街を散策してみたい方は、お電話もしくはメールでふるさと郡上会事務局まで、お問合せください。

また、この二日間は「休日移住相談日」として、相談窓口の開設もしております。

みなさまどうぞ、ご利用ください。

 

 

ふるさと郡上会 ☎ 0575-66-2750 mail gujo@furusato-gujo.jp

当日連絡先:090-9859-2750 (当日着信専用)

受付時間は、10:00 ~ 17:00 です。

 

 

交流
体験

2017年03月31日

【カレンダー】 郡上市・地域イベント一覧

2015年4月~2016年3月までの郡上市内で行われる、地域イベントを掲載しています。随時更新。
※イベントの時間、内容の詳細などは「問い合わせ先」に必ずご確認ください。表示の関係で、時間は便宜上入れてあるものがあり、実際のイベント時間とは異なります

カレンダーを大きく見る場合は 
こちら>>

 

交流
体験

2017年03月19日

「郡上暮らし巡り」~母袋ひなまつりができるまで~(3/18~)

移住相談員 平井が行く・「郡上暮らし巡り」

「母袋ひな祭り」ができるまで~

DSC_0521.JPGのサムネール画像

今年で21回目を迎える「母袋ひなまつり」。

 

郡上市大和町上栗巣~母袋地域では、昔から旧暦の桃の節句に、各家庭で土雛を中心に飾りお祝いしてきました。各家庭でお雛様が飾られていたころには、「ひ~な様見せとくれ」と子供たちが家々を回り、お菓子をいただくという「ひいなあらし」という風習もありました。

 

現在では子供も少なくなり、各家庭で飾られることが少なくなった「ひな様」を集めて、上栗巣体育館で飾り、地域のみんなでお祝いするようになったのが「母袋ひなまつり」の始まりでした。

今回、その「母袋ひな祭り」のできるまでを、ふるさと郡上会の移住相談員である平井が体験させていただけることになりました。

4週連続、計5日を、「郡上暮らし巡り」と題して行ってまいります。

 

この「郡上暮らし巡り」に一緒に行きたいと思われる方は、平井に同行していただけますので、ふるさと郡上会までお問合せください。

 

【お問合せ】 ふるさと郡上会 ☎ 0575-66-2750

       mail gujo@furusato-gujo.jp

 

 

『郡上暮らし巡り』スケジュール

 

■ 3月19日(日) 10:00 ~

 

「マエボシ」づくり

 

この時期、まだひな壇に飾るお花も咲いていない地域なので、桃のお花の代わりに飾る造花づくりをします。「マエボシ」と言われるもので、「キブシ」という細い木の芯を抜いて、丸めて作るのですが、郡上の中でもこの地域にだけ伝わるものです。

地域のお年寄りに、作り方を教えていいただきながら一緒に作ります。

 

「マエボシ」作りが終わったら、ひな壇を作ります。

もしかして、結構な体力仕事になるかも?しれません。

 

【服装】 動きやすい服装

【持ち物】 エプロン、軍手があるとよさそうです。

PICT0041.JPG

 

■ 3月26日(日) 13:00 ~

 

ひな人形の飾りつけ

 

倉庫から2000体ほどの「ひな様」を出してきて、ひな壇に飾ります。

平井のマイひな壇?も準備していただき、気に入ったお雛様を飾ろうと思います。

(平井と同行される方は、マイひな壇を一緒に飾っていただけます。)

 

【服装】 動きやすい服装

【持ち物】 エプロン、軍手

 

 

■ 4月1日(土) 13:00 ~

 

「ひな祭り」ごちそう作り

 

地域の皆さんが持ち寄った食材で「ひな祭り」当日のための400食分の「ごっつぉう」を作ります。どんな食材が集まるのかは当日のお楽しみですが、どんな食材が来ても段取り良く、2日分の「ごっつぉう」を作るのです。これは、昔から地域のみんなが集まるときに、こうして食事の準備をしてきた女性たちの「甲斐性」のなせるわざなのです。

この時、地域の山菜の種類や保存方法についても、伺ってみたいと思っています。

 

【持ち物】 エプロン、マスク、三角巾

 

 

■ 4月2日(日) 8:00 ~

 

「ひな祭り」

さあ、いよいよ当日

 

8:00 ~ 前日に作った「ごっつぉう」を配膳します。

 

9:30 ~ 「人形供養」

 

その後、

上栗巣体育館いっぱいに飾られたひな様と、地域のみなさんで節句のお祝いをし、「ごっつぉう」をいただきます。餅つき大会もあるようです。

 

13:00 ~ 上栗巣体育館の近くにあるお寺へ、お雛様を拝見。
     (プチひいなあらし。)

      その後、地域の散策へ。

 

【持ち物】 エプロン、マスク、三角巾

 

 

■ 4月9日 (日) 13:00 ~

 

後片付け

 

ひな様、ひな壇の片付けをお手伝いします。

 

15:00(だいたい) ~ あとふき

 

ひな祭りをお手伝いした方とのご苦労さん会。地域の方との交流会になります。

 

※ いずれも終了時間は未定ですが、作業終了時刻が当日のスケジュール終了となります。

 

 

motai.jpg

 

 

1|2|3|4|5

サイト内検索

  • スタッフお勧めの田舎暮らしお役立ち体験
  • 特色ある7つの地域
  • 里山の袋

  • facebookふるさと郡上会