住む

郡上に住みたい!という方へ、空き家情報や各種補助をご紹介します。

住まいを新築・改修する方向けの制度

空き家等活用改修補助金制度

改修が必要な空き家を購入もしくは賃借した場合に、改修にかかった費用の一部を補助します

対象者:
市外からの転入が見込まれる方、または市外から転入して1年以内の方で、市内で空き家を所有する方から賃借または購入し、原則3年を超える期間居住することが見込まれる方
補助額:
改修費の1/3 上限30万円
  • 市内で空き家を所有し、市外からの転入が見込まれる方、または市外から転入して1年以内の方に賃貸または売却が見込まれる家主の方も対象となります。

郡上市産材住宅建設等支援奨励金制度

住宅を新築・購入の場合最大50万円の奨励金を交付します

  • 新築の場合:
    満たす要件によって10万、30万、50万円
  • 増改築・リフォームの場合:
    郡上市産材を使用した場合、上限20万円
  • 店舗の新築:
    市内の建築業者と契約し、構造材に郡上市産材を使用した場合、一律40万円

ぎふの木で家づくり支援事業(県内新築タイプ)

岐阜県産材を構造材または内装材に一定量以上使用した場合の助成があります。
* 県外から県内に移住定住された方向けの募集枠あり

  • 補助対象住宅:
    以下の要件をすべて満たす必要があります

    • 岐阜県内に新築する一戸建て木造住宅
    • 県内に事業所を有する工務店等が建設する住宅
    • 構造材または内装材に対する国や県などの他の補助金、利子補給を受けていないこと
      • 「ぎふ省エネ住宅建設支援事業補助金」は併用可能
  • 下記のいずれかの木材使用料要件を満たすこと:
    • 構造材条件
      • 「ぎふ性能表示材」を構造材に80%以上かつ横架材に6㎥以上使用すること
      • 「ぎふ性能表示材」を構造材に80%以上かつ横架材に4㎥以上使用し、「ぎふ証明材」または「ぎふ性能表示材」を内装材に20㎡以上使用すること
    • 内装材条件
      • 「ぎふ証明材」または「ぎふ性能表示材」を内装材に50㎡以上使用すること
        • 内装材のみの申請はできません

ぎふの木で家づくり支援事業(県内改修タイプ)

住宅を改修する際、岐阜県産材を内装材に一定量以上使用した場合の助成があります。
* 県外から県内に移住定住された方向けの募集枠あり

  • 補助対象者:
    2019年2月1日~2020年1月31日の期間に改修工事が完了する住宅の施主。下記のいずれかの条件を満たす場合、移住定住枠に申請できます

    • 申込段階で県外に居住している
    • 平成28年4月1日以降に県外から岐阜県に転入した
  • 補助対象住宅:
    以下の要件をすべて満たす必要があります

    • 岐阜県内にある、自らもしくは家族が居住する住宅
    • 県内に事業所を有する工務店等が建設する住宅
    • 内装材に対する国や県などの他の補助金、利子補給を受けていないこと
      • 「ぎふ省エネ住宅建設支援事業補助金」は併用可能
    • 内装材に「ぎふ証明材」または「ぎふ性能表示材」を20㎡以上使用すること

三世代同居等支援住宅補助金

これから親・子・孫の三世代同居、もしくは近居(直線距離300m以内)のための新築・購入や増改築・リフォームをされる方へ補助がでます

  • 対象者:
    以下の全ての条件を満たす方

    • 同一敷地内もしくは近居に居住を3年以上継続すること。
    • 孫が胎児または15歳以下であること
    • その他、条件あり。詳しくは、郡上市ホームページをご覧ください。
  • 補助額:
    補助対象経費の1/2の額と、下記のいずれか低い方の額を補助します

    • 住宅の取得:
      • 市内事業者と契約した場合:50万円
      • 上記以外の場合:25万円
    • 増改築・リフォーム:
      • 市内事業者と契約した場合:30万円
      • 上記以外の場合:15万円